外貨預金と比較した場合のFXの大きな特徴について

投稿者: |

FXは外貨預金とよく似ていますが、実は様々の異なる面があります。
FX取引に取り組む場合は、外貨預金との違いを理解しておくことも大切です。
外貨預金は、米ドルやユーロなどの外国通貨を貯金することです。
日本円とレートが異なるため、レートの変動によって利益が出る場合もあれば、損失が出る場合もあり、この点はFXと同じです。
日本円を銀行に貯金するのであれば、元本を割る危険性はありません。
しかし外貨預金の場合は、預金と名が付いても実際は違いがあり、投資として損益が発生します。
一方、外貨預金はレバレッジをかけることはできません。
FXはレバレッジをかけて証拠金の額を大きくした取引ができます。
日本の国内業者の場合は、最大25倍までレバレッジが可能です。
同じ額で投資をすれば、実際上は外貨預金の25倍の資金で取引することになります。
小さな金額で大きな金額が取引できる資金効率の良さが、FXの魅力でもあります。
これはリスクに関しても言えることで、外貨預金と比較して、この部分ではリスクも大きくなります。
外貨預金の場合は、手数料が高いデメリットがあります。
日本円を外貨に換える時と、そこから日本円に戻す時の両方に為替手数料がかかります。
そのため、たとえ為替差益で利益が出ても、場合によっては手数料で利益が消える可能性があります。
利益が発生していない場合は、為替手数料の部分が損失になります。
一方、 FXでは取引自体の手数料は無料であるため、通常の場合は外貨預金に比べて手数料が安いメリットがあります。
FXは通貨ペアが多いため、選択の幅が広い点も特徴です。
FXでは長期トレードや短期トレードのように、様々なスタイルに合わせたトレードがしやすい点も柔軟性があります。
また、スワップポイントと呼ばれる金利差益を獲得できる部分もFXのメリットです。
スワップポイントは、日本円のような低金利通貨で、外国の高金利通貨を購入した際に金利差が発生し、それを利益とするものです。
スワップポイントは毎日発生するため、上手に運用すれば少しずつ利益を積み重ねていくことができます。
但し、価格変動が激しい通貨を購入した場合は、為替レートの変動によって損失が大きくなる可能性もあるため、スワップポイントの獲得を目指す場合も、運用には技術が必要です。
FXは外貨預金に比べて手数料が安く、同じ資金でより大きな取引が可能です。
このメリット面を活かせるかどうかは、トレーダーの知識や経験にかかっています。
レバレッジがかかるFXは、特に資金管理が重要です。
トレードとリスク管理の技術をしっかり身につけることが大切です。