一人でマイニングを始めるメリット

投稿者: |

仮想通貨の入手方法の一つが、ブロックチェーン上の取引を承認することで、未発行の仮想通貨の一部を報酬として受け取るマイニングという方法です。マイニングは、取引に関する改竄などを行えないようにするために欠かせない作業となっています。 そんなマイニングを行う方法には、マイニングを専門的に行っている企業などに出資をし成功した際の報酬の一部を受け取るクラウドマイニング、グループを組んで一緒にマイニング作業を行うプールマイニング、そして一人で作業に取り組むソロマイニングという方法があります。配当を得られる可能性が高いのは、企業の技術力に投資をするクラウドマイニングですが受け取れる報酬は少なめとなります。プールマイニングは一緒にマイニングを行う人数、さらに貢献度によって得られる報酬が変わってくるのに対し、ソロマイニングであれば成功報酬を独り占めすることができます。 ソロマイニングを始めるためには、計算速度に優れたを持つパソコンを準備する必要があります。家庭用の少しスペックが良い程度のパソコンでは、マイニングに本格的に取り組む企業やグループに太刀打ちすることはできません。そのため、初期費用は少しかかることを覚悟しておくことが大切です。さらに高度な計算を繰り返すためには、多くの電気代も必要です。そのため、ソロマイニングはデメリットも多い方法と言われることがあります。ただ、多少初期費用がかかることになったとしても、取引の承認を行うことができれば、クラウドマイニングやグループマイニングとは比べ物にならない報酬を手にすることができます。 手にする報酬は、マイニングを行う仮想通貨や、承認のタイミングによって異なります。 マイニングで得られる報酬は、未発行の仮想通貨がどれだけ残っているか、さらにその仮想通貨にどれだけの価値があるかによって変わってきます。知名度の低い仮想通貨の場合、マイニング参加者が少なく成功率が上がることになりますが、仮想通貨の価値自体が低く大した儲けにならないということも少なくありません。 さらに、マイニングの報酬というのは、一定のブロック数を超えると半減するなど、発行枚数が増えるほどに下がっていくものです。そのため、ソロマイニングでしっかりと稼ぎたいという場合は、少しでも早めの参入を検討しておくと良いでしょう。 未発行分の仮想通貨がなくなっても、手数料報酬を受け取ることができますが、一獲千金を狙うのであれば早めの参入がおすすめです。