マイニングは何をする人なのか

投稿者: |

仮想通貨においてマイニングというのはなくてはならない存在であり、マイニングを行なう人をマイナーと呼び、仮想通貨のプレイヤーであると言えます。マイニングの必要性やマイナーの存在を知っているというような人でもマイニングは何をしているのか知らないと言った方も少なくはありません。 マイニングを知るためには仮想通貨の仕組みに知っておくことも大切です。まず、仮想通貨というのは中間機関がないということをご存知でしょうか。銀行などは通常中間機関によって管理をされていますので、その安全性などを保証してもらうことが出来ています。しかし、仮想通貨の場合にはネットワーク上で中間機関というものがありません。そのため、仮想通貨の取引を開示してみんながネットワーク上で常に監視をしているような状態を作っています。一度取引された仮想通貨の記録というのは、どれだけ仮想通貨の額が少なくても、ネットワーク上の台帳に記録をされます。この台帳はブロックチェーンと呼ばれており、ブロックを組み合わせて演算化したものになります。 単に【AさんがBさんに送金しました】というような記録では簡単に改ざんされてしまう恐れもありますし、消去することも簡単です。これでは信用性が高いとは言えません。しかし、この記録を複雑な計算方式を使って計算し、特殊なブロックチェーンの機能を用いて暗号のようなものにしていきます。これを行なうのは仮想通貨側です。マイニングはこの特殊な計算方式を用いて暗号のようになった答えを探すというような作業になっていきます。 仮想通貨の信用性は多くの人が監視していることによって成り立っていると始めに述べましたが、この答えを探す作業というのが監視の役割を担っています。特殊な計算方式を用いて暗号化されたものは、実際にはすでに台帳に記載することが出来る状態であると言えます。この暗号化されたものには、いつ、誰が誰とどれほどの仮想通貨を取引を行なったのかというとても重要な情報が入っています。その情報を第三者がチェックをすることで信用性が高まります。このチェックをするのがマイニングと呼ばれるものであり、複雑な暗号となった答えを解く為にマイナーは専用のソフトなどを用いて計算していかなくてはいけません。計算をして、一番早く答えをはじき出すことが出来た人が見事、仮想通貨を手にすることができます。実はこの報酬を手にするまでがマイニングの役割でもあり、仮想通貨はマイニングの報酬として支払うときに新規の仮想通貨を発行することが出来ます。つまり、マイニングは取引をチェックして承認し、新しい仮想通貨を発行する人となるわけです。